美容と健康におすすめの脂質

脂質にはいくつも種類があります。「脂質=身体に悪い・太る原因」というのは誤解で、脂質のタイプを見極めて上手に取り入れることで、より元気に、美しく活動する身体を作ります。

アボカドやオリーブオイルの油(一価不飽和脂肪酸)

アボカドやオリーブオイルに含まれる脂質は一価不飽和脂肪酸という種類で、血中の悪玉コレステロールを下げ、善玉コレステロールは下げないという特徴があります。アボカドやオリーブオイルの他、ピーナッツなどにもこの油が含まれています。

サンマやイワシに含まれる油(DHA・EPA)

DHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)は、脳や網膜、神経に重要な脂質です。特にサンマやイワシなどの青魚に多く含まれています。DHAやEPAは共に血中の悪玉コレステロールを下げる上、脳の細胞を活性化させる働きが期待されている注目の脂質です。

また、アレルギー症状を抑える効果もあり、花粉症やアトピー性皮膚炎の治療にも効果が期待されます。体内で作ることが出来ず、他の食べ物からも摂りづらい脂質です。

なたね油・えごま油・亜麻仁油(アルファリノレン酸)

アルファリノレン酸は、体内で作ることができない脂質で、体内に入るとDHAやEPAとなり、脳や神経の働きを支えます。アブラナ科のなたね油や、えごま、亜麻の油などに含まれています。

n-3系脂肪酸

DHA・EPA・アルファリノレン酸の3種類は脂質の中でも特に、体の中の細胞膜や脳、神経といった仕組みに働きかける重要です。これらをまとめて「n-3系脂肪酸」と呼んでいます。脂質を摂る際におすすめなのがこの脂肪酸を含む食べ物です。しかし、n-3系脂肪酸でも摂り過ぎると鼻血が出る、げっぷが出て気分が悪くなる、お腹がゆるくなるといった症状も。食べる量や食べ方にも注意して、よい脂質をとりたいですね。


このページの先頭へ