たんぱく質とアミノ酸

肉や魚、乳製品から摂ることができるたんぱく質。たんぱく質はいくつかのアミノ酸がつながってできたもの。人間の身体を構成する上で、たんぱく質は全体の約20%を占めています。

たんぱく質の主な働き

  • 血液を構成する
  • 内臓を作る・働かせる
  • 筋肉を作る・修復する
  • 脳の働きを伝える伝達物質を作る
  • 神経を作る
  • 細胞を構成する
  • 軟骨の弾力を保つ
  • 髪の毛を保つ
  • 爪を作る
  • 骨を構成する
  • ホルモンを作る
  • 酵素として働く

たんぱく質が必要な部分は身体の全て、といってもいいでしょう。私たちの身体を構成する上でとても重要なのがたんぱく質です。

アミノ酸の組み合わせ

たんぱく質を構成するアミノ酸は20種類あり、アミノ酸の組み合わせによって様々な働きをするたんぱく質が生まれ、身体の中で働きます。20種類の組み合わせからできるアミノ酸の種類は、約10万種類以上!身体の中では必要に応じて、アミノ酸からたんぱく質へ合成が行われたり、逆にたんぱく質からアミノ酸への分解が行われたりしています。

20種類あるアミノ酸のうち、11種類は体内で作ることができる非必須アミノ酸です。残りの9種類は体内で作ることが出来ず、食べ物から取る必要がある必須アミノ酸です。

必須アミノ酸の種類

  • イソロイシン
  • ロイシン
  • リジン
  • メチオニン
  • フェニールアラニン
  • スレオニン
  • トリプトファン
  • バリン
  • ヒスチジン

必須アミノ酸はバランスが悪いと上手く体内で機能しない特徴があります。必須アミノ酸を摂るときは、バランスに注意が必要です。

肌と髪を美しくし、脂肪を燃焼させるアミノ酸

美容によいと評判になったコラーゲンは、アミノ酸の組み合わせからできた「たんぱく質」の一種です。アミノ酸は肌や髪を美しく保つのに大切。また、BCAAと呼ばれる燃焼系のアミノ酸を効率良く摂ることで脂肪燃焼を助け、筋肉の回復を促します。アミノ酸を良く知り、美容にダイエットにと生かしたいですね。


このページの先頭へ