ダイエットに有効なアミノ酸

燃焼系アミノ酸のウソ・ホント

一時期、体脂肪を燃焼させる「燃焼系アミノ酸」という効果をうたったドリンクやサプリメントが登場しました。しかし、燃焼系アミノ酸を摂ったから、といって、何もしないで痩せる体質になるわけではありません。

髪を美しくするたんぱく質

アミノ酸は、筋肉の疲労回復を早める、筋肉を強く作り上げる、免疫力をアップさせて病気やケガに強い体質になる働きがあります。どんなスポーツでも、今までより多く筋肉や、神経や脳が「活動する」ことが、選手にとっては重要なこと。だからこそアミノ酸が必要なのです。

逆に言えば、どんなにアミノ酸をたくさん摂ったところで、活動しなければアミノ酸は分解されて脂肪となり、身体に蓄えられるだけ。結局、動かないで痩せられるということではないのです。しかも、アミノ酸はたんぱく質に比べて吸収が早いので、ただ摂るだけでは太りやすくさえなります。

筋肉や身体の機能をアップさせるためにアミノ酸を多く摂り、さらに素早く、力強く、運動量を増やす。この運動とアミノ酸のサイクルが出来上がると、ダイエットやシェイプアップに非常に有効です。私たちの生活で言えば、毎日のウォーキングをより回数多く、長く続けられるようになるために、アミノ酸を摂る。結果、距離や回数が増えても疲れにくくなる。このような効果が、本来の「アミノ酸とダイエット」の効果です。

脂肪を分解するアミノ酸

体内のリパーゼという酵素は、内臓脂肪や皮下脂肪を分解します。この働きを支えるアミノ酸があります。代表的なのが、リジン・プロリン・アラニン・アルギニンで、特にリジンは必須アミノ酸です。

健康診断などで、内臓脂肪や皮下脂肪が多いと指摘された人は、これらのアミノ酸に注目するのもよいかと思います。リパーゼによって分解された脂肪は、筋肉を動かすエネルギー減となる遊離脂肪酸です。アミノ酸が身体の脂肪を血液中に出し、それを使って筋肉を動かすことで脂肪を身体中から燃焼させることができ、ダイエットにもさらに効果的。アミノ酸を摂る時は、有酸素運動と組み合わせるのがおすすめです。


このページの先頭へ