身体の症状別おすすめビタミン

「食べ過ぎ・飲み過ぎが心配!」…ビタミンB1

ご飯やパンなどの炭水化物が大好きな人や、お酒をよく飲む人、甘いものが大好きな人にはビタミンB1が必要です。炭水化物の代謝を助け、エネルギーに効率良く変えてくれます。

「ダイエットを頑張りたい!」…ビタミンB1,B2,B6,B12

ビタミンB群の中でも、B1,B2,B6,B12はエネルギーを代謝し、燃焼するのに必要です。たんぱく質・炭水化物・脂質をエネルギーに変え、疲れやだるさの悩みも解決します。活発な仕事や運動などで、筋肉を動かす人にもおすすめです。

「便秘、肩こりや冷えがツライ」…ビタミンE

血行不良による肩こりや冷え、便秘を解消するのにはビタミンEがおすすめ。血液の循環を助け、身体の末端の代謝をアップさせます。また、ビタミンEは老化を防ぐ抗酸化作用も強いので、若々しさを保つのにもよいビタミンです。

「生理前や生理痛がツライ」…ビタミンB6,E,葉酸

ビタミンB6は女性ホルモンの元になるエストロゲンの分泌により、不足しがちになります。生理前のツライ症状を抑えるためにも、ビタミンB6は欠乏しやすいので、特に注意が必要です。葉酸は妊婦さんに必要なビタミンとしても知られますが、生理前の口内炎などの症状にも効果がある上、女性特有の症状を和らげる働きがあります。血行を良くするビタミンEは、生理前後の冷えやむくみ、生理痛にも効果的です。

ビタミンは量的な摂り過ぎ・不足も気になりますが、それぞれのバランスを良くすることも重要です。自分の症状にあったビタミンだとしても、摂り過ぎはNG.いろいろな食品の組み合わせから、バランスの良いビタミンを摂りたいですね。


このページの先頭へ